理学療法士

理学療法士

理学療法士

職場の雰囲気はどうですか?

みんなで声をかけ合って患者さんが楽しくリハビリすることができる明るい職場だと思います。

仕事のやりがい、喜びはなんですか?

患者さんと一緒に目標に向かって進むことができる、やりがいのある仕事だと思います。また、怪我や病気で落ち込んでいた患者さんが嬉しそうに退院する時や退院した後に元気な姿で声をかけてもらえると、「やって良かったな」と思います。

現在の仕事について聞かせてください。

理学療法士

整形疾患、脳卒中、内科系、呼吸器系、スポーツリハビリ、小児リハビリなど、様々な疾患の患者さんを担当します。
リハビリは病気や怪我で日常生活に支障をきたした方を、もう一度豊かな生活を送ることができるように手助けする仕事です。
その中でも特に理学療法士は寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行など基本的な動作、身体機能の向上に重きを置いて介入します。また、それだけでなく他職種を情報共有しながら退院後も安心した生活を送ることができるようサポートします。

当院に就職したきっかけを教えてください。

就職するにあたって多分野をみることができる総合病院で、特に急性期で関わりたいと思っていました。この病院を見学した際に感じた雰囲気の良さが印象的でした。

就職希望者へのメッセージ

理学療法士には様々な知識や技術、経験も必要になります。ですが、それ以上に患者さんに対して「この患者さんを良くしたい」、「この患者さんのために何ができるだろう?」という気持ちをいつも忘れないことが大切だと思います。ぜひこの病院で一緒に働きましょう!

部署の特徴、取り組み

リハビリテーション室では、基本動作やADL(日常生活動作)の向上を目的とし、アットホームで賑やかな雰囲気で、時に厳しく、時に楽しく対応しています。
リハビリ開始時から、患者さんご本人、ご家族、介護サービス、院内多職種と連携し、安心して地域に復帰していただけるよう努めています。
スポーツリハビリ、小児リハビリ、訪問リハビリ、地域の予防リハビリなども対応しています。
また、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、知識の獲得と技術の向上に努め、より適切なリハビリテーションを提供できるよう取り組んでいます。

研修・教育体制

入職初期は、個別に教育担当者が中心になり共診を行います。
評価・治療相談や他部門間のコミュニケーション、医療安全管理や感染予防等、スタッフ全員で教育をしています。
新人研修会も定期的に実施しており、知識・技術の向上を図っています。

また、治療業務のみならず社会生活にも配慮できる、チーム藤田メンバーとしての成長を目指しています。

資格取得状況

  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 介護支援専門員
  • 学習療法士1級認定
  • LSVTLOUD
  • 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士
  • 認定言語聴覚士(摂食・嚥下障害領域)
  • 聴力測定技術
  • 赤十字救急法救急員
  • 日本体育協会公認スポーツリーダー
  • 福島県体育協会認定アスレチックトレーナー
  • 初級障害者スポーツ指導員
  • 日本体育協会公認アスレチックトレーナー
  • 骨粗鬆症マネージャー
  • 転倒予防指導士

Q&A

Q1. 最初はどのような業務から従事しますか?

A1.

教育担当者を中心とした指導のもと、4月中はリハビリテーション室内の業務、各疾患別の基礎知識・技術を習得し、5月から担当を受け持つようになります。教育担当者と一緒に担当したり、PT・OT・STのチームで担当するなど、指導を受けながら受け持ちます。

Q2. 教育担当者は配属されますか?配属される場合、どのくらいの経験年数のスタッフがつきますか?

A2.

教育担当者は5~10年前後のスタッフが担います。

Q3. 日当直はありますか?ある場合はいつ頃から始まりますか?

A3.

当直はありません。土日は日直があり、大型連休は交替で勤務しています。新入職者は6~7月から教育指導者と共に日直業務を行っています。