新型コロナウイルス感染者の発生について【第1報】

令和4年8月12日(金)に、一つの病棟において、入院患者様1名の新型コロナウイルス感染症の陽性が判明しました。
現在、ゾーニングをし、感染区域と清潔区域を明確にしております。今回、確認された陽性者は当該病棟のみに限定され、外来や他病棟などに濃厚接触者はおりません。また、現在、保健所の指導のもと、当該病棟の職員および入院患者様全員の検査を進めております。今後の対応につきましては、検査の結果も踏まえ、引き続き保健所と調整しながら、万全を期して参ります。皆様が安心安全に診療を受けて頂けるよう、より一層の感染予防対策を講じ、職員一同最大限努力して参りますので、何卒、ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
これらを受け、当院では更なる感染予防対策として、以下のとおり対応いたします。

 

【今後の診療体制】

1.外来診療について
  外来診療は通常どおり行います。
  ※電話再診による処方せんの発行を推奨します。

 

2.入院診療について
  一部の病棟について、感染防止の観点から入退院の制限をいたします。

 

3.救急診療について
  救急診療は通常どおり行います。

 

4.手術について
  一部の病棟における予定手術は延期とします。

 

今後も新しい事実が判明し次第、速やかに情報提供して参ります。

 

令和4年8月16日 公立藤田総合病院 院長 近藤祐一郎

新型コロナウイルス感染症の発生について【第1報】[PDF/479KB]