Makoシステム

ロボティックアーム手術支援システム「Makoシステム」導入

当院ではこのたび、日本で初めて承認された整形外科におけるロボティックアーム手術支援システム「Makoシステム」を導入し、人工股関節全置換および人工膝関節全置換の手術を保険診療で行えることになりました。
同システムの導入は福島県のみならず東北地方では当院が初となります。

Makoシステム

ロボティックアームとは

コンピューター制御された「機械の腕(アーム)」のことで、自動で動くものや人が操作して動かすものなどがあります。
この先進テクノロジーを使った人工股関節置換術及び人工膝関節全置換術用のロボティックアームは、医師が操作をして動かすもので、傷んでいる骨を削ったり切除したり、人工関節(インプラント)の正確な設置をサポートします。

MakoシステムMakoシステム

 

ロボティックアームの利点とは

人の手のようにぶれることがなく正確に動き、また止まることです。人工股関節置換術及び人工膝関節全置換術に使用するとナビゲーションで計画した通りに手術器具を移動することができ、人工関節の固定も正確な角度で設置することが可能となります。
このロボティックアームは、少しでも計画から外れた動きをしようとすると停止します。身近なものに例えると車の自動ブレーキのようなもので、治療計画にない動き、つまり、削る又は切除する必要のない部位にさしかかったり、インプラント設置の位置がずれたりすると停止する仕組みになっています。
ナビゲーションシステムとあわせて使用することで、治療計画通りの安全かつ正確な手術を可能にします。

適応となる術式

  • 人工股関節置換術
  • 人工膝関節全置換術

その他

  • この治療は、人工股関節置換術及び人工膝関節全置換術の新しい手法です。
  • このロボティックアームは米国で開発され、ヨーロッパ、アジア諸国ですでに導入されており、これまでに20万例を超える手術実績があります。
  • この治療は、保険診療で受けることができます。
  • 人工股関節置換術及び人工膝関節全置換術は、ほかの手術と同様に手術にともなう諸問題(麻酔によるもの、感染、脱臼、深部静脈血栓症など)があります。

お問い合わせ先

公立藤田総合病院 地域医療連携課
TEL:024-585-2121 (内線2602)

メールでのお問い合わせはこちら