私たちは、安全で安心できる看護を提供し、地域の人々の医療に貢献します。

手術室看護師からのメッセージ

手術室看護師

手術室看護師はどのような仕事をしていますか?

手術室看護師は、手術を受ける患者さんの安全と安楽を守り、手術が円滑に行われるよう他職種と連携しながら専門的な知識や技術をもって看護を行う仕事です。実際の仕事では、「器械出し看護師」と「外回り看護師」という2つの役割に分かれて業務を行っています。「器械出し看護師」は、手術中に医師に手術で使用する機械や物品を渡す業務を行っています。「外回り看護師」は麻酔の介助や患者さんの観察、看護記録などの業務を行っています。実際の手術で関わる患者さんたちは、緊張や麻酔により自分の思いや状態を伝えることができません。そのような中で、「手術室看護師として物言えぬ患者さんの代弁者となる。」をモットーに日々の業務を行っています。

仕事にやりがいはありますか?また仕事をしていて嬉しかったことはありますか?

「器械出し看護師」業務では、機械の数が多い手術や、手技が複雑な手術を終えたときに病棟の業務では感じえなかった達成感を得ることができ、やりがいを感じます。また「外回り看護師」業務では、外科医や麻酔科医、他の職種と連携して手術を終え、患者さんが病棟に帰室したときに達成感があります。また、手術を終えた患者さんから「安心して手術が受けられました。ありがとうございました。」と言ってもらえたときはとても嬉しかったです。患者さんからの「ありがとう」は看護師のパワーの源です。

仕事をしていて辛かったこと、難しいと感じたことはありますか?

手術一つ一つに対して手順書がありますが、患者さんの体型はそれぞれ違うこと、同じ手術でも医師によって手順や使用する器械が変わることなどによって手順書通りに手術が進むとは限りません。そのため手術が円滑に行われるよう、手術の流れを理解すること、常に術野を見て現在の状況を理解し今後の展開を予測しながら業務を行うこと、経験によって得られた知識をもって業務を行うことが重要となります。

看護師を目指す人たちへメッセージをお願いします。

看護師は患者さんと関わる中で、様々なことを学び、人としても成長できる仕事です。また、専門的な知識や技術をもち、患者さんのために他職種とともに目標をもって働くことは、他では得ることができないやりがいを感じることができます。みなさんも看護師になって藤田病院で一緒に働きましょう!

お気軽にお問い合わせください! TEL 024-585-2121 8:30~17:15(土日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 公立藤田総合病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.