本文へスキップ

理学療法士のお仕事紹介では、リハビリテーション室に所属する理学療法士について地域の皆さまに知っていただくことを目的としています。


〒969-1793 福島県伊達郡国見町大字塚野目字三本木14

お問い合わせはTEL.024-585-2121


理学療法士のお仕事紹介physical therapist's job introduction

理学療法士バナー

理学療法士はどのような仕事をしていますか?

理学療法士は、病気や事故などで身体に障害や不自由さを抱える人、また高齢により身体機能の衰えた人などに対して、医師の指示の下でリハビリテーションを行い、運動能力の回復を援助する仕事です。具体的には、「歩く」「座る」「立つ」「寝返りをうつ」といった身体の基本的な機能回復をサポートすることが、理学療法士の専門領域となります。

仕事にやりがいはありますか?

理学療法士は、仕事を通じてたくさんの患者さんと出会います。さらに、患者さんのご家族や、職場で働く他の専門スタッフとの関わりもあります。こうしたたくさんの出会いを通じて、自分の視野を広げたり、新たな発見をすることは、理学療法士の仕事の魅力のひとつです。特に患者さんには高齢の方も多く、その人たちとコミュニケーションを通じて「人の生き方」について自然と考えるきっかけにもなります。

仕事をしていて嬉しかったことはありますか?

脳卒中で麻痺が重く、はじめは意識障害もあってリハビリもなかなか進まない患者さんが、歩いて退院されていく姿を見送ることができたときなど、とても嬉しい瞬間です。人にとって「歩く」ということは当たり前であると思えることですが、とても難しいことを理学療法士は知っています。だからこそ「歩いて退院」という目標を患者さんと達成できたというのは自信にもなりますし、これからの仕事のモチベーションにもつながります。

仕事をしていて辛かったこと、難しいと感じたことはありますか?

人を相手にしているので、前回うまくいった治療が今回もうまくいくとは限りません。悲しい経験もしますし、人として考えさせられることも多くあります。治療効果がうまく反映されなかったり、希望の姿で退院できなかった患者さんを目の前にすることは理学療法士として、とても辛い気持ちになります。しかし、落ち込んだ気持ちのままでいることなく、その現実をしっかり分析して次の患者さんに生かすことがとても重要になります。

理学療法士を目指す人たちにメッセージをお願いします。

理学療法士は、国家資格を得たところがゴールではなく、そこからが本当のスタートになります。現場にでたばかりの頃は、患者さんとなかなかうまくコミュニケーションがとれないかもしれませんが、様々な患者さんと接し、様々なケースに遭遇するうちに知識や技術が深まり、次第に自分に自信も生まれてきます。お互いに頑張りたくさんの患者さんを笑顔にしていきましょう。


はてなブックマークに追加    

hospital info病院情報

公立藤田総合病院

〒969-1793
福島県伊達郡国見町大字塚野目字三本木14
TEL.024-585-2121
TEL.024-585-2124(診察予約専用)
FAX.024-585-5892