本文へスキップ

薬剤部の紹介ページになりますので、ぜひご覧ください。


〒969-1793 福島県伊達郡国見町大字塚野目字三本木14

お問い合わせはTEL.024-585-2121


薬剤部pharmaceutical department

薬剤部バナー

病院では、患者さんが安心して治療できるよう適切な医療及び質の高い医療を提供するために、様々な職種が協力して日々業務を行っております。 その中で病院薬剤師がチームの一員としてどのような業務を行っているか、どのように医療スタッフと関わっているか、また院外保険薬局との関わり等を ご紹介いたします。


1日の流れ

ローテーションにより、調剤・抗がん剤調製・病棟業務・チーム医療などを行う体制になっています。朝礼の後はそれぞれ業務にわかれます。
夜間救急体制として、17時15分から20時まで遅番体制で待機しており、救急調剤や注射払い出しを行っています。

調剤
調剤
スケジュール

調剤室・無菌製剤室

  1. 調剤(内服薬・外用薬)

    院内処方監査、計数調剤、計量調剤、疑義照会及び院外処方箋監査を行っています。

    調剤(内服薬・外用薬)
    • 処方箋枚数(入院):2436枚/月
    • 処方箋枚数(外来):544枚/月
    • 院外処方箋発行率:94%

  2. 調剤(注射薬)

    注射処方内容について投与量・経路・速度・期間及び配合変化などチェックを行い患者さんごとに取り揃えセットしています。
    注射薬自動払い出し機を採用しており、より正確に迅速に業務を行っています。
    化学療法レジメンシステムを用いて抗がん剤や生物学的製剤の監査業務を行っています。

    • 注射処方箋枚数:4572枚/月
    調剤棚 調剤中

  3. 注射薬調製

    安全キャビネットやクリーンベンチを用いて調製業務を行っています。
    職員の安全と健康を守るうえで、2016年4月より全抗がん薬に対し閉鎖式薬物移送システムを使用しています。

    クリーンベンチ
    • 抗がん剤調製件数:80件/月

  4. 受発注業務・在庫管理

    消費補充委託在庫システムによるバーコード管理を行い、病院内における医薬品の購入と保管、各部署への供給を一貫した管理で行っています。在庫不足や不良在庫の軽減に貢献しています。

    • 発注:毎日
    • 調剤室及び注射棚卸と期限切れチェック:毎月月末
    • 院内全体棚卸:3月と9月の年2回

外来化学療法

外来化学療法室には、薬剤師1名が専任しており、投与スケジュールや副作用などの説明を行っています。がん患者指導管理加算を算定しています。
毎回、患者さんのベッドサイドへ行き、患者さんとお話しすることで、副作用の早期発見や予防に貢献しています。 化学療法情報提供書を作成し、お薬手帳へ添付して、保険薬局との情報共有を行っています。 内服抗がん薬やホルモン療法を行う患者さんへの指導や副作用モニタリングを行い、外来患者さんへの積極的介入も行っております。

化学療法室 患者指導

医薬品情報業務室

  1. 医薬品情報業務

    日々新しい医薬品情報収集に取り組んでいます。医薬品医療機器総合機構(PMDA)やMR訪問で得た重大な情報は、病院内のネットワークを利用して全スタッフへ発信し、情報共有しています。

  2. 医薬品情報システム

    効率的で確実な薬剤業務を行うために、医薬品情報データベースとして「服薬指導システム」「MDbank」「化学療法レジメン管理システム」 「NS-POWERS(消費委託補充システム)」などを導入しています。

    電子カルテ 電子カルテ

病棟業務

全病棟に薬剤師が常駐しています。
病棟では、どの端末からでも服薬指導システムと連動していて、薬剤管理指導や持参薬鑑別・登録、DI業務を行うことができます。

  • 病棟担当:6病棟各1名ずつ配置
  • 病棟ストック薬

    その他、薬剤師と看護師が相談して薬剤定数を配置し、スムーズに業務を遂行しています。 特定の箇所に救急カートを配置して、緊急時に迅速に対応できるよう薬剤師と看護師で毎日チェックをしています。

病棟業務

チーム医療

感染制御チーム、褥瘡ケアチーム、糖尿病ケアチーム、NSTチームがあり、それぞれのチームに薬剤師が所属し、医師や看護師その他医療スタッフと共に 週1回または月1回のラウンドや勉強会などを開催しています。それぞれの専門性を活かして治療サポートを行っています。また、院内勉強会を開き医療スタッフや患者教育にも携わっています。

勉強会

薬薬連携

年2回、伊達薬剤師会と共同で勉強会を開催し、知識の共有や情報交換を行っております。

薬薬連携

専門・認定薬剤師

  • 日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師・・・1名
  • 糖尿病療養指導士・・・2名
  • 栄養サポートチーム専門療法士・・・1名
  • 認定実務実習指導薬剤師・・・2名
  • 生涯教育認定薬剤師・・・2名
  • 薬剤師研修センター認定薬剤師・・・4名
  • 上級放射線ファーマシスト・・・1名
  • スポーツファーマシスト・・・1名

実務実習

6年生薬学部の臨床実習を受け入れ、未来の薬剤師を育てるお手伝いをしています。
細かいカリキュラムを作成し、なるべく多くの職種と関われるよう参加型実習を実施しています。 また、手術室見学をして、麻酔導入や術中の雰囲気を感じることができます。

実習カリキュラムでは、以下の内容を取り込んでいます。

  • 病棟業務
  • 注射の混注体験
  • 外来化学療法室の見学
  • 急患室見学
  • 手術見学
  • 糖尿病教室への参加
  • 薬薬連携研修会への参加

はてなブックマークに追加