本文へスキップ

公立藤田総合病院で働いている先輩言語聴覚士のメッセージを掲載しております。当院に言語聴覚士として受験を考えている方や、まだ将来の進路が決めていない方の進路選択の参考にして頂ければと思います。


〒969-1793 福島県伊達郡国見町大字塚野目字三本木14

お問い合わせはTEL.024-585-2121


先輩からのメッセージsuperior message

言語聴覚士

どのような仕事をしていますか?

言語聴覚士は、聞こえの障害や言語機能の障害、話しことばの障害、高次脳機能障害、飲み込みの障害のある方に専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。
当院では現在、成人・高齢者のコミュニケーション障害、摂食・嚥下障害、小児言語発達障害に対するリハビリを中心に行っています。

仕事にやりがいはありますか?また、嬉しかったことはありますか?

うまく飲み込みができず鼻から栄養チューブを使って栄養を摂っていた患者さんに飲み込みの訓練を行い、口から必要な栄養量が摂れるようになり、栄養チューブが取れたときはやりがいを感じますし、自分への自信にもつながります。また、「すっきりした」と笑顔になる患者さんを見るととても嬉しくなります。

職場の雰囲気はどうですか?

若いスタッフが多く、明るく楽しい職場です。

休日はどのように過ごしてますか?

ゆっくりと体を休めたり、家族と出かけたり、研修会に参加したりして過ごしています。

当院に就職したきっかけは何ですか?

学生の時に当院で8週間の臨床実習を行いました。その中で、病院もすごくきれいで明るい雰囲気の職場環境だと感じたので当院で仕事がしたいと思いました。

仕事をしていて難しいと感じたことはありますか?

言語機能障害や話しことばの障害のある方とのコミュニケーション訓練で、その方にとっての訓練方法や家族指導方法は個別性が非常に高く、最適な訓練計画をたてていくのが難しいと感じます。

1日の業務スケジュールを教えて下さい。

朝礼後8時30分から外来患者さんや入院患者さんのリハビリテーションを開始します。11時30分からは入院患者さんの昼食場面に介入し摂食嚥下(飲み込み)訓練を行います。訓練が終わり次第昼休みに入り、13時30分より午後のリハビリテーションを行います。各病棟でのカンファレンスにも参加します。土曜日、日曜日についても当番制で出勤することがあります。

今後の目標は何ですか?

より専門的な知識・技術を身につけ認定言語聴覚士の資格を取得することです。

就職希望者へのメッセージ

言語聴覚士は、聞こえの障害や言語機能の障害、話しことばの障害、高次脳機能障害、飲み込みの障害など様々な問題を抱えた患者さんと接することが多い職種です。そういった状況に置かれた患者さんの気持ちを深く理解し、日常生活を自分らしく、より快適に過ごすことができるよう力を合わせて藤田病院で一緒に頑張りましょう。


はてなブックマークに追加    

hospital info病院情報

公立藤田総合病院

〒969-1793
福島県伊達郡国見町大字塚野目字三本木14
TEL.024-585-2121
TEL.024-585-2124(診察予約専用)
FAX.024-585-5892
E-mail.info@fujita-hp.jp