本文へスキップ

公立藤田総合病院は、福島県伊達郡国見町にある中核病院です。外来のご案内など各種案内、病院・部門のご紹介、採用案内などの情報を掲載しております。


〒969-1793 福島県伊達郡国見町大字塚野目字三本木14

お問い合わせはTEL.024-585-2121


平成28年度 公立藤田総合病院 病院指標fujita general hospital indicators


  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 276 120 54 62 137 216 709 1092 1196 340
当院は、伊達郡および伊達市を中心とする県北地方における中核病院として、地域住民の健康の保守・増進を図るため、理念・基本方針を掲げ地域に根差した医療を行ってまいります。 年齢別では、0歳代は肺炎等の小児科疾患が多数を占め、10歳代〜30歳代は肺炎等の小児科疾患の他、スポーツ外傷等の整形外科疾患が多くなります。40歳代からは徐々に罹患率が増加し、60歳代〜90歳代までの疾患が全年齢の8割を占め、 肺炎・大腿骨骨折・腰椎圧迫骨折・心不全・脳梗塞・腎不全・糖尿病・がん疾患等、様々な疾患を治療しております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎  手術なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 95 31.48 21.25 7.37% 85.35
0400801499X002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)  手術なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし  A-DROP スコア2 34 14.09 15.29 0% 85.35
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症  手術なし  定義副傷病 なし 28 17.50 12.43 0% 81.64
050130XX99000X 心不全  手術なし  手術・処置等1 なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 25 25.68 17.95 0% 83.24
0400801499X001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)  手術なし  手術・処置等1 なし  定義副傷病 なし  A-DROP スコア1 20 13.55 13.60 0% 82.65
肺炎(特に誤嚥性肺炎)の治療が一番多いです。平均在院日数は全国平均とほぼ同じですが、誤嚥性肺炎の在院日数が長くなっています。背景には寝たきりの患者 さんが多く、退院後の自宅等での生活環境を考慮しケアマネージャーや地域サービス等と連携して退院調整を行っており在院期間が長くなっています。他にも3位に尿路感染症、4位に心不全と高齢者が多く入院しています。

消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060020XX04X0XX 胃の悪性腫瘍  内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術  手術・処置等1 なし 35 10.46 9.02 2.86% 73.03
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 32 7.69 11.06 0% 79.50
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞  手術なし  手術・処置等1 なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 21 13.71 9.08 0% 75.24
060335XX99X00X 胆嚢水腫、胆嚢炎等  手術なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 17 10.12 11.00 0% 70.35
060060XX97100X 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍  その他の手術あり  手術・処置等1 あり  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 17 9.12 16.26 100% 79.18
早期胃がんに対して内視鏡による早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術を施行する症例が最も多くなっています。内視鏡治療のメリットは、患者さんの負担があまりかからない、消化機能に障害を残さずに治療することができます。 2位は胆管炎に対する内視鏡治療の症例が多いです。胆のう結石や胆管結石が胆管を塞ぎ、細菌感染を伴うと急性胆管炎の状態になります。内視鏡で結石を除去等することで改善していきます。 3位はイレウス(腸閉塞)の症例が多くなっております。

循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
050130XX99000X 心不全  手術なし  手術・処置等1 なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 50 26.70 17.95 2.00% 82.06
050130XX9901XX 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり - - 19.86 - -
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 21.25 - -
0400801499X012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり A-DROP
スコア2
- - 18.71 - -
050070XX99000X 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.82 - -
循環器科では、心不全による患者が最も多く入院されます。入院中は安静が必要で、一時的に心臓の働きを高める薬を使ったりします。 心不全の原因となった病気(例えば高血圧など)の治療も併せて行います。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199X00X 肺炎等(1歳以上15歳未満)  手術なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 74 5.70 5.79 0% 2.97
040090XXXXXX0X 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)  定義副傷病 なし 50 5.26 6.02 0% 1.64
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎  手術・処置等2 なし 37 4.49 5.50 0% 4.70
040100XXXXX00X 喘息  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 27 5.48 6.42 0% 3.37
0400801099X00X 肺炎等(0歳)  手術なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 19 6.37 6.30 0% 0
小児科で入院する患者さんの多くは呼吸器系の疾患になります。呼吸器系の中でも特に肺炎が多く、冬場は増加します。呼吸器系以外の疾患では急性腸炎に罹る患者さんが多いです。 早期に退院できるように治療を行っています。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060040XX99X60X 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍  手術なし  手術・処置等2 6あり  定義副傷病 なし 24 3.92 4.41 0% 66.04
060035XX01000X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等  手術・処置等1 なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 17 26.88 15.92 5.88% 72.65
060150XX03XXXX 虫垂炎  虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 17 7.18 5.60 0% 28.71
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞  手術なし  手術・処置等1 なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 16 8.06 9.08 6.25% 78.19
060040XX99X4XX 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍  手術なし  手術・処置等2 4あり 12 4.00 4.42 0% 79.00
直腸がんに対する抗がん剤治療が1位と5位を占めています。当院には癌化学療法専門の薬剤師が在籍しており、抗がん剤の副作用等の説明・指導や相談を受けることもできます。 2位には結腸癌の切除術、3位は緊急手術となることが多い急性虫垂炎、4位は手術後の患者さんに罹りやすいとされるイレウス(腸閉塞)が多くなっています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折  人工骨頭挿入術 肩、股等 68 59.63 27.63 0% 84.22
070370XX99XXXX 脊椎骨粗鬆症  手術なし 61 37.62 23.61 0.03% 81.67
07040XXX01XXXX 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)  人工関節再置換術等 37 38.81 24.42 0% 67.00
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。)  人工関節再置換術等 35 36.14 26.26 0% 72.86
070350XX99XXXX 椎間板変性、ヘルニア  手術なし 26 30.54 9.13 0% 61.85
転倒等により大腿骨の骨折で人工骨頭を挿入する症例が最も多く、当院では手術およびリハビリによる治療を行っております。変形性股関節症・変形性膝関節症等 には人工関節を置換する手術を行っております。当院では人工関節置換術の際、手術をより正確に行うためナビゲーションシステムを使用した先進的な手術を実施しております。また、リハビリテーション部門と 密接に連携し、早期回復に向けた治療を行っております。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
030400XX99XXXX 前庭機能障害  手術なし 45 9.09 5.24 0% 76.82
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)  手術なし  手術・処置等1 なし  手術・処置等2 4あり  定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 35 36.06 16.54 0% 75.09
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷  その他の手術あり  手術・処置等1 なし  定義副傷病 なし 31 20.65 9.87 0% 78.42
160100XX97X00X 一過性脳虚血発作  手術・処置等2 なし 29 8.24 6.38 0% 77.10
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷  手術なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 25 12.20 7.52 0% 74.00
脳神経外科で入院の多いのは脳梗塞急性期の患者さんです。来院後、直ぐにCT、MRIを施行して脳梗塞部位や血管病変を特定して、まずは薬物療法とリハビリテーションを行います。 発症後4.5時間以内の場合には、脳動脈内の血栓を溶解する薬物(t-PA製剤)を用いて治療を行います。さらに、閉塞した動脈にカテーテルを挿入して、血栓を回収する血管内治療も行います。
次に多いのがめまいによる入院です。めまいは耳性が多いですが、時に脳血管障害でめまいが生じることがあるため、早期に画像診断を行い鑑別をつけて治療を行います。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110070XX02000XX 膀胱腫瘍  膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術  手術・処置等1 なし  手術・処置等2 なし 41 8.54 7.44 0% 76.24
110070XX99X20X 膀胱腫瘍  手術なし  手術・処置等2 2あり  定義副傷病 なし 28 7.61 11.72 0% 74.29
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症  手術なし  定義副傷病 なし 24 8.21 12.43 0% 75.71
110080XX01X0XX 前立腺の悪性腫瘍  前立腺悪性腫瘍手術等  手術・処置等2 なし 20 20.90 13.39 0% 68.05
11012XXX99XX0X 上部尿路疾患  手術なし  定義副傷病 なし 11 2.64 5.25 0% 43.09
当院では、膀胱がんで入院される患者さんが大部分を占めており、進行がんに対しては膀胱全摘術、抗がん剤治療なども行っています。 また前立腺がんの患者さんも増えてきており、開腹による前立腺摘出術、今年からは腹腔鏡手術による摘出術も行っています。

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全  手術なし  手術・処置等1 なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 40 23.15 12.84 0% 75.95
110280XX991X0X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全  手術なし  手術・処置等1 あり  定義副傷病 なし 13 9.08 7.58 0% 56.69
100070XX99X000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)  手術なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし  85歳未満 12 14.83 11.48 0% 64.67
050130XX99000X 心不全  手術なし  手術・処置等1 なし  手術・処置等2 なし  定義副傷病 なし 11 42.91 17.95 9.09% 84.00
110260XX99X0XX ネフローゼ症候群 手術なし 
手術・処置等2 なし
- - 22.67 - -
腎臓病にはさまざまな種類がありますが、自覚症状が出にくく、健診などの異常でみつかることが多いです。慢性腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、急性腎不全など各種腎疾患の検査(腎生検を含む)・治療を行っています。 人工透析に至るまで患者さんに合った治療を行っています。最近は糖尿病性腎症が原因で透析を受けることになる人が増えています。
腎臓内科の入院件数は、人工透析で使用する内シャントの狭窄または閉塞に対して、カテーテルを用いて 再開通させる症例が一番多くなっています。人工透析とは、血液を体から取り出し、機器を通じて血液をきれいにしてから体に戻す治療法です。血液を体から取り出すために、腕の静脈と動脈をつなぎ合わせる手術を行います。 これを内シャントと呼びます。人工透析を受けている患者さんも年々増加しています。
糖尿病による入院では、各種検査を行い、投薬等による治療(血糖のコントロールなど)の他に、自宅に帰ってから糖尿病と上手に向き合って いただくために、自己管理するための知識や技術の習得を目的とする「教育入院」を行っております。専門知識を持った看護師、薬剤師、検査技師、管理栄養士などの他職種の日本糖尿病療養指導士がチームで患者さんの足の観察、 服薬の確認、血糖測定方法、食事や運動に関する相談・指導を行い、糖尿病の合併症の予防や透析への移行の予防、フットケアなど取り組んでおり、また毎月5日間、チームによる糖尿病教室も開催しています。

麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
080020XXXXXXXX 帯状疱疹 33 8.30 8.96 0% 74.06
160200XX99X0XX 顔面損傷
(口腔、咽頭損傷を含む。) 
手術なし 手術・処置等2 なし
- - 5.16 - -
060130XX99000X 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.44 - -
161020XXXXX00X 体温異常 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 5.81 - -
161070XXXXX00X 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 3.64 - -
麻酔科の入院は帯状疱疹の患者さんが8割以上を占めます。麻酔科は他の診療科と連携して、手術前の診察や、手術中の麻酔管理、椎間板ヘルニアに対する神経ブロック治療などがメインになっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 41 - - - - 17 1 第7版
大腸癌 12 - 24 - 10 78 1 第7版
乳癌 - - - - - - 1 第7版
肺癌 - - - - 15 47 1 第7版
肝癌 - - - - - - 1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
がんの進行度は「Stage(ステージ)」で表されます。ここではStage(ステージ)TからStage(ステージ)Wまでの4段階で分類しています。Stage(ステージ)Wが最も 進行している状態です。Stage(ステージ)は様々な検査結果を総合的に判断して判定されます。その際に判断基準となるのが、がんの大きさ、周辺のリンパ節への転移の有無、遠隔臓器への転移の有無です。
当院での胃がんはStage(ステージ)Tの治療が多く、内視鏡による切除を行っています。進行しているがんに対しては抗がん剤治療等を行ております。大腸がんは消化器科と外科が連携を図り、外科的治療(切除)や抗がん剤による 治療等を行っております。肺がんは再発の症例が多く、抗がん剤による治療の他、緩和(がんによる痛みを和らげる)治療等を行っております。
また、特定機能病院である福島県立医科大学附属病院と連携し、必要に応じて患者さんの紹介を行っております。
これらのがん治療は、専門の医師をはじめ、がん薬物療法認定薬剤師やがん看護認定看護師が中心となり、 チーム医療を推進し、診療ガイドラインに基づいた診断・治療を行っております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 42 12.95 68.52
中等症 105 17.15 79.65
重症 12 23.33 78.00
超重症 15 33.57 85.68
不明 - - -
市中肺炎とは、病院の外で日常生活をしていた人に発症した肺炎です。ただし、施設に入所している方や介護を必要とする高齢者、通院で継続的に抗がん剤治療などを受けている患者さんの肺炎は除きます。 重症度分類別に分類しております。 重症度が上がるにつれて、在院日数も上がる傾向があります。 肺炎の治療は、肺炎の原因となっている病原菌(細菌やウィルスなど)が何なのか見極め、それに合った薬(抗生物質)を用い治療します。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院
日数
平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 17 9.47 81.94 0%
その他 20 6.95 76.95 0%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 121 40.7 79.61 6.61%
その他 21 17.95 71.00 4.76%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院の脳梗塞の治療については、「一過性脳虚血発作及び関連症候群」および「脳梗塞」の発症日から3日以内の患者が8割を占めており、急性期における緊急治療が実施されております。 当院は、最新のCT、MRI、脳血管撮影装置等を備えており、24時間体制で脳梗塞の検査・治療を行っております。また、早期からリハビリテーションを開始し、社会復帰、家庭復帰ができるようチームで医療を行っております。また、病状が安定した 患者さんについては、地域包括ケア病棟でリハビリテーションを継続し、退院支援部門の社会福祉士や看護師が中心となり、在宅復帰、介護老人保健施設・介護老人福祉施設等のケアマネージャー等と密接に連携し、退院後の患者さんの医療をサポート(退院支援) する体制をとっております。
また慢性期では、脳卒中後遺症の一つである片麻痺の後に生じる痙縮に対するボツリヌス療法も実施しております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

消化器科
Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術
(直径2cm未満)
89 0.88 1.20 0% 70.10
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 57 1.40 10.79 1.75% 81.37
K6532 早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術 35 1.54 7.91 0% 73.03
K6871 内視鏡的乳頭切開術
(乳頭括約筋切開のみのもの)
14 2.21 6.14 0% 74.79
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2センチメートル以上)
11 0.91 1.64 0% 67.82
内視鏡による手術がメインとなっています。当院は消化器病学会及び消化器内視鏡学会の認定施設となっており、多くの内視鏡治療を行っております。 当院では内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術が最も多く、多くの患者さんが3日で退院されています。 次に内視鏡による胆道ステント留置術や乳頭切開術は、胆管結石の排石等に実施しています。 また、手術不可の胆管腫瘍等の患者さんには、腫瘍によって閉塞する胆管にステントを挿入し、患者さんの生活の質を出来る限り下げないための治療を行っています。 早期胃がんに対しては内視鏡粘膜下層剥離術を施行し、患者さんの負担にならないような手術を行っています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 75 1.01 5.85 0% 65.03
K7193 結腸切除術
(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)
24 7.04 23.33 8.33% 73.63
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 21 1.90 8.10 0% 61.05
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 17 1.53 4.65 0% 28.71
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 13 4.46 22.92 0% 74.77
鼡径ヘルニア手術が一番多くなっています。小児の鼠径ヘルニア手術の場合は日帰りも可能です。2位・5位は癌に対する切除術になっています。 3位は腹腔鏡下胆嚢摘出術です。腹腔鏡を使った傷の小さな手術で、早期退院が可能な手術です。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股、膝) 80 3.56 33.70 0% 69.89
K0461 骨折観血的手術(上腕、大腿) 65 7.05 50.15 0% 83.31
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 26 5.77 19.23 0% 63.73
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術
(前腕、下腿)
19 1.32 4.89 0% 59.84
K0811 人工骨頭挿入術(股) 18 14.89 43.11 0% 82.17
人工関節置換術を行うケースは、骨頭側だけでなく、関節窩の側にも破壊、変形、癒着などがあって、動きが悪い、運動痛が強い、不安定で支持性が低いなどの 障害があるときに骨頭側と関節窩側の両方を入れ替えて、関節機能の再建を図る方法です。近年この分野での進歩は目を見張るものがあり、当院ではナビゲーションを用いて手術成績も良好な成績をあげています。術後はリハビリを早期に行い、 早期の日常生活動作自立、早期社会復帰を目指します。
大腿骨や上腕骨の骨折に対する骨折観血的手術についても件数は多く、高齢者に多くみられます。骨内異物除去術とは、骨折し骨折観血的手術でねじやプレートなどの固定を行ったのち、骨癒合が完成してから、ねじやプレート などの抜去を行う手術です。術後は早期に退院しています。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 21 1.00 27.10 0% 78.95
K664 胃瘻造設術 13 44.08 44.08 38.46% 82.85
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) - - - - -
慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術は、頭部打撲や転倒などの頭部外傷の1-2ヶ月後に硬膜下腔に血液が貯留する慢性硬膜下血腫を発症した際に、頭部に小さな穴を穿ち、 血腫を取り除く手術です。高齢者の男性でアルコールの好きな方に多い傾向があります。
その他、くも膜下出血、内頚動脈内脈剥離術、脳腫瘍、頭部外傷の手術を行っています。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 34 1.41 6.50 5.88% 76.74
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 28 0.75 11.39 3.57% 61.04
K843 前立腺悪性腫瘍手術 20 3.45 16.45 0% 68.05
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 10 1.10 4.70 0% 76.10
K8412 経尿道的前立腺手術(その他のもの) - - - - -
膀胱内の腫瘍を内視鏡下で切除する経尿道的膀胱悪性手術を最も多く行っています。 また今年からレーザーによる前立腺の摘出術、腹腔鏡手術システムが導入され、患者さんの体の負担がより少なくて済む治療も行い始めました。

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 67 3.28 4.06 2.99% 72.66
K610-3 内シャント設置術 15 18.60 27.80 6.67% 75.40
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K2762 網膜光凝固術
(その他特殊なもの(一連につき))
- - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
当院の腎臓内科の手術は、経皮的シャント拡張術・血栓除去術と、内シャント又は外シャント設置術がほとんどです。シャント設置術は血液透析を円滑に行うために 「シャント」という特殊な血液回路を腕や手に作る手術です。経皮的シャント拡張術は、血液透析をするために必要な血管が狭くなってしまった場合、血管造影をしながら、狭くなった血管を風船(バルーン)で広げる手術です。 血栓除去術は、詰まった血管の中にある血の塊を取り除く手術です。

その他
(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 23 0.55%
異なる 13 0.31%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.36%
異なる - -
播種性血管内凝固とは、がんや重症感染症などにより出血や多臓器不全となる重篤な病態です。
敗血症とは、生命を脅かすような重篤な感染症です。
その他の真菌症とは、免疫力の落ちた患者さんに起きる真菌感染症です。
手術・処置等の合併症とは、手術、処置が原因で起きた穿孔、感染症や、体内に挿入した人工物が原因で起きた病態です。外科的に作られた人工透析用の内シャントの閉塞もこの中に含まれます。
敗血症は、免疫力が低下していたり、特定の慢性疾患があると感染症が重篤化して発症しやすくなります。また、下部消化管穿孔も重篤化しやすく、場合によってはエンドトキシン吸着療法などが必要な場合もあります。
当院における、手術・処置等の合併症については、透析を行っている患者さんの透析シャントの閉塞の症例です。

更新履歴

2017年09月28日
平成28年度 病院指標を公開しました。

はてなブックマークに追加