本文へスキップ

公立藤田総合病院は、福島県伊達郡国見町にある中核病院です。外来のご案内など各種案内、病院・部門のご紹介、採用案内などの情報を掲載しております。


〒969-1793 福島県伊達郡国見町大字塚野目字三本木14

お問い合わせはTEL.024-585-2121


平成27年度 公立藤田総合病院 病院指標fujita general hospital indicators


  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 304 79 55 62 115 251 721 1102 1080 308
年齢別では、0歳代は肺炎、喘息が多く、10歳〜30歳代は肺炎に加え、スポーツ外傷などの疾患が多くなります。40歳代からは多種多様な疾患となりますが、70歳以上は肺炎や骨粗しょう症に伴う大腿骨骨折、脊椎圧迫骨折、心不全、脳梗塞などの疾患が多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040080X099X0XX 15歳以上の肺炎・気管支炎 手術、人工呼吸等なし 88 14.14 14.34 1.14% 71.35
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 73 35.23 21.69 6.85% 85.37
050130XX99000X 心不全  30 27.07 18.30 0% 85.20
肺炎の治療が一番多いです。平均在院日数は全国平均とほぼ同じですが、重症になると在院日数が長くなる傾向があり、入院日数はばらつきが大きくなっています。2番目に誤嚥性肺炎、3番目に心不全が多くなっています。自宅療養が厳しい患者さんに対しては、地域の介護施設や療養型病院と連携して治療管理を行っています。

消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060340XX03X00X 胆管結石、胆管炎の内視鏡治療 32 11.00 10.93 0% 87.41
060210XX99000X 腸閉塞 手術なし 25 7.16 9.17 0% 78.08
060020XX04X0XX 早期胃癌の内視鏡手術 22 9.95 9.20 0% 78.14
胆管炎に対する内視鏡治療の患者さんが一番多いです。胆のう結石、胆管結石が胆管をふさぎ、細菌感染を伴うと急性胆管炎の状態になります。内視鏡を用いて治療を行っています。2番目は腸閉塞、3番目は早期胃がんの内視鏡治療が多くなっています。

循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
050130XX99000X 心不全 手術なし 25 26.36 18.30 4.00% 82.84
040080X099X0XX 15歳以上の肺炎・気管支炎 手術、人工呼吸等なし 16 16.56 14.34 0% 82.19
050070XX99000X 頻脈性不整脈 手術なし - - 7.26 - -
心不全の注射や内服薬による治療が一番多いです。2番目は肺炎となっていますが、心臓の病気を合併している患者さんが多く、平均在院日数、平均年齢とも高くなっています。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040080X1XXX0XX 小児肺炎 178 5.97 5.72 0% 1.79
040100XXXXX00X 喘息 43 5.74 6.31 0% 3.98
150010XXXXX0XX 急性胃腸炎 19 4.68 5.50 0% 2.79
小児肺炎が一番多くなっており、特に冬期は増加しています。2番目は喘息、3番目は急性胃腸炎が多くなっています。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060040XX99X60X 直腸がんの抗がん剤治療 45 3.33 4.51 0% 62.96
060020XX01X0XX 胃がんの開腹切除術 20 26.45 20.63 0% 67.20
060210XX99000X 腸閉塞 手術なし 17 15.94 9.17 0% 62.53
直腸がんに対する抗がん剤治療が一番多くなっています。近年大腸がんの患者数は全国的に増加しており、当院でも手術、抗がん剤治療の件数が多くなってきています。2番目は胃がんに対する切除術、3番目は腸閉塞が多くなっています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 大腿骨近位部骨折 観血的手術 75 63.13 28.70 2.67% 82.91
070370XX99XXXX 骨粗しょう症による脊椎圧迫骨折 50 35.84 24.28 4.00% 82.86
070230XX01XXXX 変形性膝関節症 人工関節置換術 48 38.90 27.21 0% 75.40
大腿骨近位部骨折に対する手術が一番多くなっています。2番目は転倒や重いものを持ったり、畑作業などにより生じた脊椎圧迫骨折が多くなっています。高齢化に伴う骨粗しょう症の影響で患者数が増加しています。3番目は変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術が多くなっています。変形性股関節症に対する人工股関節置換術も次いで多く、当院ではナビゲーションを使用した先進的な手術を行っています。当院は地域包括ケア病棟でリハビリを継続的に行うため、転院率はかなり低いです。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
030400XX99XXXX 回転性めまい 43 7.00 5.31 0% 68.09
010060X099030X 脳梗塞(JCSが10未満) 手術なし エダラボン使用 39 34.15 18.08 5.13% 78.59
010061XXXXX0XX 一過性脳虚血発作 30 6.33 6.30 3.33% 76.60
耳から生じるめまいの患者さんが一番多いです。めまいは救急車で運ばれてくる患者さんの中で一番多い病気で、耳から生じるめまいや脳から生じるめまいなどがあり、中には命に関わるものもあります。2番目に多いのは急性期の脳梗塞の患者さんでエダラボンという薬剤を使用した症例が多くなっています。発症後24時間以内に入院した場合、脳梗塞による症状の悪化を防ぐエダラボンを用いて治療を行っています。また、発症から4.5時間以内の場合には脳の血管内の血栓を溶かす薬剤も用いて治療を行える場合があります。地域包括ケア病棟で継続的にリハビリを行うため転院率はかなり低いです。3番目は、一過性脳虚血発作が多くなっています。脳梗塞の前触れとして重要な病気で、脳梗塞を予防するための治療を行っています。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110070XX0200XX 膀胱がん TUR-Bt 52 8.21 7.59 0% 72.15
11012XXX040X0X 腎・尿管結石 体外衝撃波結石破石術 28 12.18 2.89 0% 53.79
110080XX01X0XX 前立腺がん 開腹手術 22 19.64 14.03 0% 68.14
膀胱がんの内視鏡切除が一番多くなっています。進行がんに対しては膀胱全摘除術、抗がん剤治療なども行っています。2番目は尿管結石や腎結石に対して体外から衝撃波を当てて石を砕く治療が多いです。平均在院日数が12.18日となっていますが、砕けるか、排石可能になるまで治療を継続するため個人差が非常に大きいです。3番目は前立腺がんの開腹手術が多くなっています。前立腺がんも近年増加しており、当院では開腹手術のほかに、2009年より「HIFU療法」を行っています。

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
180040XX02X0XX 内シャント閉塞 カテーテルによる拡張術 53 2.81 3.40 0% 68.98
100070XXXXXXXX 2型糖尿病 22 22.50 15.35 0% 69.14
110280XX99000X 慢性腎臓病 21 26.71 13.64 4.76% 72.29
腎臓病にはさまざまな種類がありますが、自覚症状が出にくく、健診などの異常でみつかることが多いです。種類や原因、程度が様々で、初期から人工透析に至るまで患者さんに合った治療を行っています。最近は糖尿病性腎症が原因で透析を受けることになる人が増えています。腎臓内科の入院件数は、人工透析で使用する内シャントの狭窄または閉塞に対して、カテーテルを用いて再開通させる症例が一番多くなっています。人工透析とは、血液を体から取り出し、機器を通して血液をきれいにしてから体に戻す治療法です。血液を体から取り出すために、腕の静脈と動脈をつなぎ合わせる手術を行います。これを内シャントと呼びます。人工透析を受けている患者さんも年々増加しています。2番目に多いのは2型糖尿病の治療、教育入院、3番目は慢性腎臓病の治療、教育入院が多くなっています。専門知識を持った看護師、薬剤師、検査技師、管理栄養士などの多職種の日本糖尿病療養指導士がチームで患者さんの足の観察、服薬の確認、血糖測定方法、食事、運動に関する相談、指導を行い、糖尿病の合併症の予防や透析への移行の予防、フットケアなど取り組んでおり、また毎月5日間、チームによる糖尿病教室も開催しています。

麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
080020XXXXXXXX 帯状疱疹 47 8.62 8.97 0% 75.64
- - - - - - -
- - - - - - -
麻酔科の入院は帯状疱疹の患者さんが8割以上を占めます。麻酔科は他の診療科と連携して、手術前の診察や、手術中の麻酔管理、椎間板ヘルニアに対する神経ブロック治療などがメインとなっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 40 - - 13 - 17 1 第7版
大腸癌 12 16 13 29 - 85 1 第7版
乳癌
肺癌 - - - 10 10 34 1 第7版
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
がんは見つかったときのステージが重要です。治療を開始する前に詳しく検査を行い、がんがどのくらい進行しているか(ステージ)を調べます。当院の胃がんは早期での発見が一番多く、内視鏡による切除を行っています。進行しているがんに関しては抗がん剤治療を行っています。大腸がんは件数が一番多く、消化器科、外科と連携して患者さんの状態に応じて治療を行っています。肺がんは進行した症例が多く、抗がん剤治療を主体に行っています。不明は肺がんの検査入院の件数となっています。
いずれのがんも、がん薬物療法認定薬剤師や看護師とともに、チームによる医療や抗がん剤治療の副作用対策を行っています。また、福島医大や宮城県立がんセンターと連携して、最新の抗がん剤治療も行っています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 15 17.07 55.67
重症度 1 36 32.31 71.33
重症度 2 50 28.55 78.78
重症度 3 38 42.64 83.64
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、病院の外で日常生活をしていた人に発症した肺炎です。ただし、施設に入所している方や介護を必要とする高齢者、通院で継続的に抗がん剤治療などを受けている患者さんの肺炎は除きます。重症度分類はA-DROPスコアを用いて、該当する項目数に従って分類しています。
重症度が上がるにつれて平均年齢も上がり、在院日数も長くなる傾向があります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 34 6.29 77.38 2.94%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 109 43.17 79.42 11.01%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
当院の脳梗塞の患者さんは急性期が大半を占めるため、急性期・慢性期を合計した件数としています。脳梗塞は迅速に治療を開始することが重要です。当院は最新のCT、MRI、脳血管撮影装置等を備えており、24時間体制で脳梗塞の検査、治療を行っています。また、早期からリハビリテーションを開始し、社会復帰、家庭復帰ができるようチームで医療を行っています。退院までに時間を要する症例については、地域包括ケア病棟でリハビリテーションを継続できる体制もとっています。また、慢性期では脳卒中後遺症の一つである片麻痺の後に生じる痙縮に対するボツリヌス療法も実施しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

消化器科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 74 0.92 1.23 0% 66.19
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 56 1.38 12.59 1.79% 78.84
K6532 早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術 21 1.19 8.05 0% 78.14
内視鏡による手術がメインとなっています。当院は消化器病学会、消化器内視鏡学会の認定施設となっており、新型内視鏡システムにより多くの内視鏡治療を行っています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 62 1.05 5.76 0% 65.95
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 22 3.45 8.18 0% 66.64
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 17 6.35 25.00 0% 76.53
鼠径ヘルニア手術が一番多くなっています。小児の鼠径ヘルニア手術の場合は、日帰りも可能です。2番目は腹腔鏡下胆嚢摘出術です。腹腔鏡を使った傷の小さな手術です。3番目は大腸がんの結腸切除術となっています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 94 3.56 39.29 0% 73.22
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 57 6.37 54.63 0% 82.47
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 32 4.97 24.63 0% 69.63
人工関節置換術が一番多く、ナビゲーションを使用した先進的な手術を行っています。股関節、膝関節合わせて毎年約100例ほど手術を行っています。2番目、3番目は骨折に対する手術が多いです。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 22 1.05 25.68 4.55% 79.68
K664 胃瘻造設術 12 42.00 55.58 33.33% 85.25
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング(1箇所) 11 2.73 46.55 18.18% 65.91
慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術が一番多くなっています。慢性硬膜下血腫とは、頭部外傷後1〜2ヶ月後に血がたまり、脳を圧迫して頭痛、歩行障害や精神症状が発症する病気で、緊急入院となることが多いです。2番目は胃瘻造設術で、重症な脳梗塞などで嚥下機能が低下し、口から食事の取れない方や誤嚥性肺炎を起こしやすい方に、内視鏡を使って直接胃に栄養を入れるための口を作る手術です。消化器科に紹介して手術をしています。重度の後遺症を持っている方が多く、転院率が高いです。3番目が脳動脈瘤頚部クリッピングとなっています。こちらはくも膜下出血で破裂後の再破裂、再出血予防のためと、未破裂の脳動脈瘤に対する手術を合わせた件数となっています。4番目(脳外科の医師が行う手術で3番目)に多いのは脳の血管が狭窄を起こしている患者に行う脳血管バイパス術です。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K8036 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 50 1.18 5.96 0% 71.88
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 30 0.70 10.40 0% 54.43
K843 前立腺悪性腫瘍手術 22 3.18 15.45 0% 68.14
膀胱がんの内視鏡切除が一番多くなっています。2番目は尿管結石や腎結石に対して体外から衝撃波を当てて石を砕く治療が多いです。3番目は前立腺がんの開腹手術が多くなっています。前立腺がんに対しては開腹手術のほかに、HIFU療法も行っています。

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 72 1.82 2.29 0% 70.14
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 23 13.61 21.30 0% 70.30
- - - - - - -
経皮的シャント拡張術が一番多くなっています。2番目に内シャント造設術が多いです。こちらは人工透析の準備が必要となった場合、外科に紹介して手術を行います。

その他
(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 33 0.81%
異なる 21 0.51%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 59 1.44%
異なる - -
播種性血管内凝固とは、がんや重症感染症などにより出血や多臓器不全となる重篤な病態です。
敗血症とは、生命を脅かすような重篤な感染症です。
その他の真菌症とは、免疫力の落ちた患者さんに起きる真菌感染症です。
手術・処置等の合併症とは、手術、処置が原因で起きた穿孔、感染症や、体内に挿入した人工物が原因で起きた病態です。外科的に作られた人工透析用の内シャントの閉塞もこの中に含まれます。
敗血症は、免疫力が低下していたり、特定の慢性疾患があると感染症が重篤化して発症しやすくなります。また、下部消化管穿孔も重篤化しやすく、場合によってはエンドトキシン吸着療法などが必要な場合もあります。
手術・処置等の合併症は、当院ではほとんどが内シャント閉塞の症例です。

更新履歴

2016年09月30日
平成27年度 病院情報の公開を行いました。

はてなブックマークに追加