本文へスキップ

HIFU治療は全国で34病院、福島県内では当院を含めて2病院で行っている治療法です。この治療法について詳しく知りたい方は、当院までお問い合わせください。


〒969-1793 福島県伊達郡国見町大字塚野目字三本木14

お問い合わせはTEL.024-585-2121


HIFU療法HIFU policy

前立腺癌に対するHIFU療法について

公立藤田総合病院では、2009年1月から前立腺癌に対する低浸襲的な新しい治療として『HIFU(ハイフ)療法』を開始しました。
近年増加している前立腺癌の治療は、若い早期癌の方であれば前立腺全的術が原則です。しかし、前立腺全的術は入院期間が2〜3週間必要で、 術後の尿失禁や勃起障害が問題となります。また、抗凝固剤(血液をサラサラにする薬)を休薬できない方や、高齢者の方は、早期癌であっても ホルモン療法や放射線治療が適用になります。
HIFUは前立腺癌に対する低浸襲で積極的な新しい治療法です。高齢者の方や抗凝固剤を服用している方でも治療が可能で、尿失禁や勃起障害の 発生頻度も低く抑えられます。


概要

HIFU療法機器
A:HIFU本体
B:超音波発生プローブ
C:プローブ先端
D:超音波が照射される範囲
(イメージ)
  1. 高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)療法とは
    • High-Intensity Focused Ultrasoundの頭文字でHIFUと呼びます。
    • 強力な超音波を円形凹面振動子(グローブ)から照射すると、その振動エネルギーは焦点に収束します。そして、焦点に収束した振動エネルギーは 熱に変換され、焦点領域の温度を80〜100℃に上昇させます。
    • HIFUはこの原理を利用して治療部位の癌細胞を高温度で凝固壊死させます。しかも、焦点領域以外の周辺あるいは介在組織へは影響をほとんど与えません。
  2. HIFUの適応となる患者さん
    • 早期癌の患者さんであれば、特に年齢制限はありません。
    • 抗凝固剤を服用中の方でも、内服を継続したままで治療できます。
    • 高齢者でも積極的な治療を希望する方は治療の対象です。
    • 手術による勃起障害や尿失禁を避けたい方も治療の対象です。
    • 短期間の入院で積極的治療を希望する方は適応です。
    • 放射線治療後に再発してきた方も治療の対象です。
  3. HIFU療法の実際
    • 全身麻酔のため、麻酔科を受診して診察を受けてもらいます。
    • 入院(3泊4日、全身麻酔の手術)
    • 手術時間にかかわる全ての時間は3〜4時間です。
    • 肛門にプローブといわれる機械を挿入して治療しますので、体の表面には全く傷がつきません。
    • 手術当日夕方から歩行や食事が可能です。
  4. HIFU療法の合併症
    • 尿道直腸痩
    • 尿道狭窄症
    • 勃起障害:発生頻度は30%程度です(前立腺全的術では80%以上)。
    • 尿失禁:一時的な尿失禁が1〜2%の頻度で報告されています。
    • 膀胱刺激症状:1〜4か月で軽快します。
  5. 治療費
    • 治療費は自費です。
    • 自費診療ですが、医療費控除が受けられますので確定申告で申請してください。
    • 外来での検査、治療は通常の保険診療です。

興味をもたれた方、詳しく話を聞きたい方は、担当医(泌尿器科:村木)が説明いたします。
遠慮なく地域連携室までご連絡ください。


はてなブックマークに追加    

hospital info病院情報

公立藤田総合病院

〒969-1793
福島県伊達郡国見町大字塚野目字三本木14
TEL.024-585-2121
TEL.024-585-2124(診察予約専用)
FAX.024-585-5892