本文へスキップ

管理栄養士が考案した「健康レシピ」を隔月ごとに掲載していきます。


〒969-1793 福島県伊達郡国見町大字塚野目字三本木14

お問い合わせはTEL.024-585-2121


ほうじ茶ゼリーhojicha jelly

緑茶、珈琲、紅茶にはカフェインが含まれていますが、ほうじ茶にはほとんど含まれていないため、安心して飲むことができます。
また、 日本人は鉄の摂取量が少ないですが、食事と一緒にカフェインの多いお茶類で摂取すると、食事中の鉄の吸収を妨げてしまいます。

高齢になると、口渇感を感じない、頻回のトイレに行くのが面倒などの理由から、飲水量が減少し脱水になることがあります。
また、唾液の分泌量も減少するため、水分で誤嚥する危険性も高くなります。そのため、暑い季節に向けての水分補給方法としてほうじ茶を飲み込みやすいゼリーにすると、食べやすく摂取することができます。

ほうじ茶ゼリー

材料(1人分)

材料 分量
ほうじ茶 100cc
砂糖 5g
ソフティア
(ゼラチンでも可)
1g
黒豆の甘露煮 適量(数粒)
金粉 適量

作り方

エプロン
  1. ほうじ茶を少し濃く煮だす。

  2. 砂糖、ソフティア(ゼラチンでも可)を入れて溶かす。

  3. 電子レンジで沸騰するまで温める(鍋で温めても可)。

  4. カップに黒豆の甘露煮を数粒入れて、3.のほうじ茶溶液を流し入れ、冷蔵庫で冷やす。

  5. ゼリー
    固まったら、ほうじ茶ゼリーの上に黒豆をのせ、金粉を飾れば出来上がり!

ソフティアって何?

固めるものにはゼラチンや寒天などがあります。嚥下適正に優れた飲み込みやすいゼリーで少ない添加量でしっかりゼリー化することができます。
また、ゼラチンや寒天よりも離水しにくく、60℃まで再加熱しても溶けないため、嚥下に問題のある方は、味噌汁をゼリー状にして食べることも可能です。

レシピカード

レシピカードは、下図をクリックしてダウンロードしてください!

ほうじ茶ゼリーレシピカード
はてなブックマークに追加    

hospital info病院情報

公立藤田総合病院

〒969-1793
福島県伊達郡国見町大字塚野目字三本木14
TEL.024-585-2121
TEL.024-585-2124(診察予約専用)
FAX.024-585-5892