本文へスキップ

認知症高齢者医療対策室は、高齢者や認知症の方が住み慣れた地域で安心して生活していけるように、病院が行政等と連携して医療の立場から助言や情報発信をする役割を担う部署です。


〒969-1793 福島県伊達郡国見町大字塚野目字三本木14

お問い合わせはTEL.024-585-2121


認知症高齢者医療対策室dementia elderly medical response office

認知症高齢者医療対策室バナー

業務内容

少子高齢化の中で認知症患者は増加しており、国の試算では2025年に約700万人に達する見込みです。 高齢者や認知症の方が住み慣れた地域で安心して生活していけるよう、病院が行政や関係機関と連携して医療の立場から 助言や情報発信をする役割を担います。

取り組み

  • 2015年06月:認知症看護認定看護師 認定 1名
  • 2016年04月〜:院内認知症サポーター養成講座開始
                             ※10月25日時点 59名修了
  • 2016年05月:公立藤田総合病院の健康フェスタでオレンジカフェ(認知症カフェ)をプレオープン
                          ※約30名参加
  • 2016年08月:認知症サポート医養成 研修修了
  • 2016年09月:認知症ケア加算1算定開始
  • 2016年11月〜:オレンジカフェ開催(認知症カフェ・定期計画)

スタッフ紹介

室長 平敏医師(認知症サポート医)
副室長 (認知症看護認定看護師)1名
医師 3名
看護師 3名
作業療法士 1名
薬剤師 1名
事務 2名
※外部有識者 1名

  • 認知症サポート医とは、適切な認知症診断の知識や技術を習得し、認知症に係る地域医療体制の中核的な役割を担う医師のことです。
  • 認知症看護認定看護師とは、認知症ケアの知識や技術を習得し、認知症に伴う症状や行動の緩和・予防に向けたケアを指導する 専門の看護師です。

はてなブックマークに追加