本文へスキップ

公立藤田総合病院はボツリヌスボツリヌス療法を平成26年6月から開始しております。痙縮の症状でお悩みの方がいらっしゃいましたら、公立藤田総合病院にぜひご相談ください。


〒969-1793 福島県伊達郡国見町大字塚野目字三本木14

お問い合わせはTEL.024-585-2121


ボツリヌス療法懇話会botulinum therapy association

卒中後片麻痺で引き起こされる筋痙縮に対しての、ボツリヌス治療が患者さんや家族の苦痛、介護軽減に有効・有用であるところから、 ボツリヌス療法を2014年6月から開始しました。
当院では伊達地方だけでなく、他診療圏域への普及にも積極的に協力しています。去る10月26日に、福島県いわき市健康保健福祉センターにおいて【いわき痙縮治療懇話会】が開催され、脳神経外科・佐藤昌宏副院長が講師として招かれ、【手足のつっぱりに対するボツリヌス療法】と題して、模擬治療を交えて講演を行いました。

ボツリヌス療法1   ボツリヌス療法2

講演会では本治療を開始したばかりや今後検討をしている医師をはじめ、看護師、理学療法士、作業療法士が多数参加しました。講演会の後、具体的な施注方法、治療効果、リハビリテーションなどについて各専門分野から多くの質問があり、充実した講演会となりました。
参加者からのアンケートでは、【今後の医療を担う一つの治療としてボツリヌス療法を考えていくべきと感じた】・【現在、上肢のみボツリヌス療法を行っているが、今後、下肢へ発展していきたいと考えており、そのため下肢治療の進め方や施注後の結果が聞けて勉強になった】などの意見がよせられ、痙縮治療の発展に寄与した勉強会となったことが伺えます。

当院ではこれまでに痙縮患者40名以上、合計140回以上のボツリヌス療法による治療実績があります。手足のつっぱりでお困りの方がいらっしゃいましたら、どうぞ、一度ご相談にいらして下さい。

↓痙縮に対するボツリヌス療法 紹介ページ↓
 https://fujita-hp.jp/botulinum.html


はてなブックマークに追加