臨床工学技士

臨床工学技士

臨床工学技士

職場の雰囲気はどうですか?

優しく業務を教えてくれる先輩が多く、医療機器を管理するMEとしての自覚を持ちながら日々、業務に励んでいます。手術室や病棟などのスタッフの方々と連携しながら業務を行うことが多いのですが、明るく聞きやすい雰囲気なのでコミュニケーションを取りやすい職場だと思います。

仕事のやりがい、喜びは何ですか?

機器を通してスタッフの方々や、間接的に患者さんへ安心や安全を提供できることです。人工呼吸器や麻酔器といった生命維持管理装置をはじめとした様々な機器を日々の点検や勉強会の開催などを行って安全に使用できるように保守管理しています。手術室業務の中では腹腔鏡下手術における内視鏡のカメラ操作に携わっており、手術時間が長く、腹腔内での操作が難しく大変ですが無事手術が終わる度にほっと胸をなで下ろし、患者さんの治療に直接貢献できたというやりがいや喜びを感じます。

現在の仕事について聞かせて下さい。

主にME室業務と手術室業務の2つを行っています。
ME室業務では輸液ポンプやシリンジポンプ、超音波診断装置などの様々な機器があり、使用する部署へ貸出しています。返却時は使用後点検を行い、いつでも安心して使用できるようにしています。病棟・外来で使用している機器に異常がないか巡回したり、人工呼吸器の点検など院内医療機器の保守管理を行っています。
手術室業務では麻酔器・生体情報モニター・電気メスなどの日常点検や患者さんの入室補佐、手術開始時の接続や機器の立ち上げを行い術中の動作確認、トラブル対応、患者さん退室の補佐といった流れで業務を行っています。加えて、泌尿器科や外科で腹腔鏡手術における内視鏡カメラ操作の介助(スコピスト)をさせて頂いております。

当院に就職したきっかけを教えて下さい。

臨床工学技士

学生の頃に当院で行った病院実習です。総合病院ならではの多岐にわたる業務に臨床工学技士が関わっていることを知り、業務内容や病院の雰囲気に直接触れて当院で働きたいと思いました。加えて、私が生まれた病院が当院で幼い頃からお世話になっていたのでいつか地元に貢献したいと前々から思っており、病院実習を経て就職を決意しました。

就職希望者へのメッセージをお願いします。

臨床工学技士は医療機器を通してスタッフの方々や患者さんに安心安全な医療を提供するために日々業務に励んでいます。当院は総合病院なので臨床工学技士も多岐にわたる業務を行っており、様々な経験が出来ることが魅力的だと思います。当院のスタッフの方々は明るく話しやすい雰囲気なのでチーム藤田として一丸となって一緒に頑張って行きましょう!

部署の特徴、取り組み

臨床工学技士は院内ではME(Medical Engineer)と称され、現在9名が所属しています。大きく分けてME室業務(輸液・シリンジポンプの点検、人工呼吸器管理等)、手術室業務(麻酔器等の始業点検、ラウンド点検等)、血液透析業務(穿刺・回収、機器点検、PTA介助等)に分かれており、院内の様々な分野で使用される医療機器を安全に使用できるように、また機器の性能を最大限に発揮できるように管理・保守点検を行っています。院内では人工呼吸器や輸液・シリンジポンプ等ME機器についての勉強会を定期的に開催し、スタッフの知識の向上にも努めています。

研修、教育体制

ME室業務、手術室業務から始まり夜間・休日オンコール体制ができるようにします。その後透析室業務も習得していきます。

資格取得者数

  • 透析技術認定士・・・3名
  • 3学会合同呼吸療法認定士・・・1名
  • ME1種・・・1名
  • ME2種・・・4名

Q&A

Q1.最初はどのような業務から従事しますか?

A1.

ME室業務である輸液・シリンジポンプの点検や、手術室業務の麻酔器、電気メス等の始業点検から始めていきます。

Q2.教育担当者は配置されますか?配置される場合、どのくらいの経験年数のスタッフがつきますか?

A2.

教育担当者は2~5年目の2人がつきます。

Q3.日当直はありますか?ある場合はいつ頃から始まりますか?

A3.

日当直はありませんが、夜間・休日オンコール体制をとっています。約8か月後から始まります。